秋太りはただの言い訳!?秋は痩せやすい季節です

秋は食欲が旺盛になるから、太りやすくなる。
以前では、このような俗説がまことしやかに語られ、「秋太り」という言葉も存在していました。
ですが、それははるか昔の話で、このような話を未だに信じている方は、どの季節であっても痩せることはできないでしょう。
というのは、外気温が下がり始める秋からは、私たちの体内にある変化が現れ、太りやすくなるどころか、痩せやすくなると考えられるからです。

秋は痩せやすい季節、その理由とは?

実りの秋というくらい、秋には美味しい食べ物が市場に出回り始めます。そして、それらの食べ物を見ているだけでなんとなく太ってしまいそうな気持になりますが、そのようなことはありません。
秋は痩せやすい季節であるといわれ、その理由は以下の根拠によるものです。

基礎代謝量の上昇

外気温が高い夏には、身体が体温保持機能を働かせなくても、外気温によって身体が温められていますので、多くのエネルギーを必要としません。
つまり、夏の期間は基礎代謝量が低下すると考えられるということです。
反対に、外気温が徐々に下がってくる秋口になると、基礎代謝量は自然に上昇してきます。
私たち人間は、36℃前後の体温を保つために、体内でエネルギーを作り出しています。
そして、外気温が急激に下がる秋口になると、その外気温によって体温を奪われる確率が高くなり、これを防ぐために、体内ではエネルギーが作り続けられるようになります。
つまり、これが基礎代謝量の上昇で、自然に痩せやすい体内環境が整って行くということですね。

自律神経の安定

自律神経は、交感神経と副交感神経に分類され、外気温が高い夏の期間は交感神経が刺激されやすく、この神経の活動が活発になると、エネルギーの消費量が自然に減ると考えられています。
そして、高い外気温によって受けていたストレスを感じにくくなる秋口には、交感神経が鳴りをひそめ、今度は副交感神経の活動が活発になります。
副交感神経はリラックスを司る神経であるとともに、ホルモンバランスを整える働きも持った神経です。
特に、脂肪の燃焼と大きな関わりを持つ女性ホルモンのバランスも整いやすくなり、これが痩せやすい身体づくりに拍車をかけると考えられています。

秋太りを食べ物のせいにしていませんか?

でも、毎年秋になると太るんだけど…という方は、秋のせいにして、高カロリー食品を食べ過ぎていないかどうか、ご自身の食生活を見直してみましょう。
夏には冷たい食品の摂取などによって機能が弱っていた胃や腸も、秋になると徐々にその機能が回復し、夏の時期よりも食用旺盛になることは確かです。
ですが、秋に旬を迎える食品を挙げてみると、松茸をはじめとするキノコ類、栗、柿、梨、リンゴ、ナス、サンマなど、それぞれに低カロリー食品であることがわかります。
つまり、秋太りが恒例になってしまっている方の場合では、秋に旬を迎える食材によって太っているのではなく、ご自身の食欲に任せて、”食材を選ばず、なんでも好きなものを食べている”可能性が高いということです。

秋に旬を迎える食材をダイエットメニューに上手に取り入れれば、低カロリーでも必要な栄養素をきっちりと摂取することができます。
ダイエットを意識するのであれば、秋だから食欲が湧いて太るという考え方を捨て、今一度、ご自身が摂取している食品の見直しを行ってみましょう。
どうしても食べ過ぎてしまうという方は、食品をよく噛んで時間をかけて食べる、食物繊維を多く含む食品から食べるなど、食事の方法そのものに変化を加えてみると良いでしょう。

「運動の秋」を実践してみましょう!

夏の時期には億劫だった運動も、爽やかな秋風が吹くころになると、行いやすくなりますね。そして、このタイミングをガッチリつかんで運動すれば、さらなる代謝アップを見込むことができ、ダイエットを後押ししてくれることになるでしょう。
また、熱中症が心配だった夏とは異なり、外気温が安定しやすい秋には、熱中症だけではなく、脱水症状の心配もグンと減ります。
このように、運動を行うタイミングとして最高の秋だからこそ、運動を行わないという手はありません。
もともと運動が苦手な方の場合では、わざわざ運動するというのではなく、早足で歩いてみる、普段の動作に機敏さを加えてみるなどの工夫行うことによって、運動量を増やすことができますよ。

秋になったらここに注意!

熱中症や脱水症状の心配がほぼなくなる秋には、夏とはまた別の部分で注意を払う必要性が出てきます。 それは、急激な外気温の下降によって起こりやすい、身体の冷えです。 外部から身体を冷やしてしまうと、それが血行不良を呼び込み、リンパの流れにも悪影響を及ぼします。 それは、血液の流れが悪くなると自然に血管が膨らみ、リンパ管を圧迫して、リンパ液の流れを滞らせる原因になることがあるからです。 この状態が起こってしまうと、リンパ液に乗って体外へ排出されるはずの老廃物がリンパ管内で滞り、むくみを引き起こす原因になることが考えられます。 このような状態を避けるためには、とにかく身体を冷やさない工夫が大切ですので、服装に注意を払うとともに、温かい湯船でゆっくりと身体を温める工夫を行ってみると良いでしょう。 また、手足の冷えが気になるのであれば、湯船に浸かることも大切ですが、足湯を試してみるといいですよ。 足湯には身体全体を暖める効果を期待することができますので、冷え症の改善だけではなく、身体全体の代謝アップ効果にも役立ちます。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る